出かける医療・近づく医療

ご挨拶

ご挨拶                                                                       日野病院長 孝田 雅彦

孝田院長

 今年の夏は7月の大雨、洪水、その後の酷暑、多くの颱風と自然の驚異にさらされました。このせせらぎが皆さんのお手元に届く頃は過ごしやすい気候になっていることを期待しています。さて、昨年度の病院の決算は最近にない黒字となり、これも患者さんのおかげと職員一同喜んでいます。自治体病院の目的は少しでも多くの利潤を上げることではなく、住民、患者さんの役に立つことが最優先です。しかし、黒字であれば、さらなる住民サービスに投資をすることも可能となります。今後も医療の質の向上と健全経営の維持に努めていきたいと思っています。
 前回のせせらぎで紹介しましたように小児科診療が毎日となり、病児、病後児保育も始まり、子供を持つ皆さんには安心してこの地域に暮らしていただけるものと確信しています。多くの若いご夫婦が住み、子供を育て、活気のある地域にしていただきたく、そのお手伝いができれば病院としてこんなに嬉しいことはありません。病院周辺の人口がどんどん減っていくのは寂しい限りです。若者が定住できるように医療福祉の面から貢献したいと思っています。 次に今後日野病院が力を入れていきたいと思っている人間ドックについて述べさせていただきます。近年の医療機器の進歩は病気を正確に診断するだけではなく、発症する前段階をつかまえることができるようになってきました。例えば、今回当院に導入した24時間血糖測定器リブレは糖尿病になる前の段階を診断できます。正常だと思っている人が糖尿病予備群であることが分かります。初期の段階で発見できれば治療も容易にできます。リブレを用いた糖尿病ドックを始めますので,ぜひ受けてみて下さい。
 その他にも肝臓のMRI検査は5〜10mmの小さな前がん病変をはっきりと描出することができ、肝硬変の患者さんの診療に使われています。頚動脈エコーはわずかな動脈硬化を検出できます。胃カメラの特殊光画像は胃がんや食道がんの前がん病変を検出できます。超音波検査では肝臓の硬さを測定することでわずかな肝線維化を検出できます。日野病院でもこれらを診療に、人間ドックに使用しています。病気になる前に病気の芽を摘んでおけば安心して暮らすことができます。日野病院では今後このような機器を用いた人間ドックを充実させていきますので,ぜひご利用下さい。                                                            平成30年9月                                      
                                        

 

 

 

 

 

 

院長プロフィール

学歴
昭和59年3月 鳥取大学医学部医学科卒業
昭和59年4月 鳥取大学大学院医学研究科内科系入学
平成元年3月 鳥取大学大学院医学研究科内科系修了
資格
平成4年12月 日本消化器病学会専門医 第20637号
平成年 1月 日本消化器病学会指導医 第1950号
平成6年4月 日本肝臓学会専門医 第2238号
平成10年4月 日本肝臓学会指導医 第555号
平成3年12月 日本消化器内視鏡学会専門医 第910420号
平成8年10月 日本超音波医学会超音波専門医 第1241号
平成11年12月 日本超音波医学会超音波指導医 第642号
平成16年12月 日本内科学会認定内科医 第83104号
職歴
昭和63年 4月 大阪回生病院内科医師採用
平成元年7月 池田回生病院転勤
平成4年 3月 池田回生病院退職
平成4年 4月 鳥取大学医学部臨床検査医学講座文部教官助手採用
平成5年 7月 鳥取大学医学部臨床検査医学講座学部内講師
平成11年 7月 鳥取大学医学部内科学第二講座学部内講師
平成11年 7月 ドイツ連邦共和国Erlangen Nuernberg 大学医学部第一内科留学
平成12年 7月 鳥取大学医学部内科学第二講座学部内講師復職
平成13年 8月 鳥取大学医学部付属病院第二内科講師
平成15年 7月 鳥取大学医学部統合内科医学講座機能病態内科学分野助教授
平成19年 4月 鳥取大学医学部統合内科医学講座機能病態内科学分野准教授
平成27年 4月 鳥取大学医学部附属病院消化器内科科長
  鳥取県肝疾患相談センター長併任
平成28年7月 日野病院副病院長
平成28年10月 日野病院長 
学会及び社会における活動等(所属学会;役職等)
昭和59年 12月 日本内科学会会員
平成16年 12月 日本内科学会認定内科医
昭和60年 1月 日本消化器病学会会員
平成4年 12月 日本消化器病学会認定医
平成9年 5月 日本消化器病学会中国支部会評議員
平成17年 1月 日本消化器病学会評議員
昭和61年 1月 日本肝臓学会会員
平成9年 12月 日本肝臓学会西部会評議員
平成10年 4月 日本肝臓学会指導医
平成18年 5月 日本肝臓学会学会評議員
昭和61年 1月 日本消化器内視鏡学会会員
平成3年 12月 日本消化器内視鏡学会専門医
平成21年 11月 日本消化器内視鏡学会中国支部評議員
平成元年9月 日本超音波医学会会員
平成B年 10月 日本超音波医学会超音波専門医
平成11年 12月 日本超音波医学会指導医
平成17年 5月 日本超音波医学会中園地方会幹事
平成7年 10月 日本臨床薬理学会会員
平成8年 5月 日本門脈圧尤進症学会会員
平成28年 5月 日本プライマリーケア連合学会会員
非常勤職歴、その他特記事項
平成7年 4月 鳥取県肝臓癌抑制対策評価委員会、委員
平成7年 4月 鳥取県健康対策協議会肝癌対策専門委員会、委員
賞罰
平成13年 3月 鳥取大学下田賞
平成16年 3月 鳥取大学教育功績特別賞
平成16年 10月 鳥取大学医学部研究助成
平成17年 6月 Hepatology research 賞
平成25年 8月 鳥取大学医学部研究助成
平成26年 3月 鳥取大学日ノ丸報恩会科学研究業績表彰
平成28年 5月 Hepatology Resarch High Citation 賞